楽天モバイルは家族割の代わりにプラス割で還元!2台持ちもお得

楽天モバイル

家族で楽天モバイルにしたいけど、公式サイトを見ても家族割の表記が見当たらない。

家族で格安SIMに乗り換えるなら、どうせなら家族割引のある格安SIMでさらにお得に乗り換えたいですよね?

今回は楽天モバイルの家族で乗り換えにお得なサービスについて紹介していきます。

同時に楽天モバイルのキャッシュバックキャンペーンについてもお話しすることになりますので、家族割やキャッシュバックについて知りたい方は必見です。

楽天モバイルの申し込みはこちらから
↓ ↓ ↓
楽天モバイルご利用の流れ

楽天モバイルに家族割はない

多くの格安SIMには家族割があり、家族で契約することによって月額基本料金が割引になるサービスがあります。

ですが、楽天モバイルには今のところ家族割と呼ばれるサービスはありません。

家族割がない代わりにプラス割で還元

家族割の代わりに「プラス割」というサービスがあり、このサービスによって家族でまとめての契約、2台持ちの方にお得になるようにキャッシュバックとして還元されています。

今回はこのプラス割とはどういうサービスなのかを詳しく紹介していきます。

楽天モバイルのプラス割の特典

楽天モバイル プラス割
(画像引用:楽天モバイル プラス割)

家族と一緒に乗り換えるだけでキャッシュバックがもらえる楽天モバイルのキャンペーンがプラス割です。

2019年10月1日から実施され、キャンペーン終了日は今のところまだ未定になっています。

プラス割はさらにキャッシュバック以外にももう1つお得な特典がついてくるんです。

まずはプラス割とはどんなキャンペーンなのか、その内容について詳しくお伝えしていきます。

特典①5,000円キャッシュバックまたは端末5,000円割引

2台目を音声通話SIMで契約すると、SIMのみの契約で5,000円のキャッシュバック端末とセットで契約の場合は購入端末の価格が5,000円割引になります。

条件を満たせば3回線目、4回線目も5,000円のキャッシュバックがもらえるんです。機種によってはプラス割キャンペーンで1円になる機種もあります。

特典②3,000円キャッシュバックまたは端末3,000円割引

2台目を音声通話SIMではなく、データSIMで契約した場合はSIMのみの契約で3,000円のキャッシュバック端末とセットで契約の場合は購入端末の価格が3,000円割引になります。

楽天モバイルの申し込みはこちらから
↓ ↓ ↓
楽天モバイルご利用の流れ

楽天モバイルのプラス割は家族間や2台持ちにお得

楽天モバイルのプラス割は実際にどんなケースでお得なのか、2つの例を挙げて紹介していきます。

家族みんなで楽天モバイルにした時の料金

よくある家族構成(夫婦+子供1人)を例にして実際にどれくらいお得なのかを見てみましょう。

*スマホの方は右にスクロールできます

申し込みタイプ 契約プラン 月額料金 キャッシュバック
SIM+端末
(通話SIM)
スーパーホーダイ
プランS
2,980円
SIM+端末
(通話SIM)
スーパーホーダイ
プランS
2,980円 端末5,000円割引
SIMのみ
(通話SIM)
スーパーホーダイ
プランM
3,980円 5,000円キャッシュバック

1回線目である父の料金は変わりませんが、2回線目、3回線目である母と子の特典適用された料金をみると、合計で10,000円もお得になります。

2台持ちで2台とも楽天モバイルにした時の料金

プラス割は家族でなくても2台持ちの人にとってもお得です。

仕事用とプライベート用に分けたり、電話用とネット用に分けたりされる人も多いのではないでしょうか。

そんな2台持ちを例にとってみてみましょう。

*スマホの方は右にスクロールできます

申し込みタイプ 契約プラン 月額料金 キャッシュバック
1回線目 SIMのみ
(通話SIM)
スーパーホーダイ
プランS
2,980円
2回線目 SIMのみ
(データSIM)
組み合わせプラン
10GB
2,380円 3,000円キャッシュバック

2回線目はデータSIMなので、キャッシュバックが3,000円になります。

もし2回線目も通話SIMならケース①と同じように5,000円のキャッシュバックがもらえます。

楽天モバイルの申し込みはこちらから
↓ ↓ ↓
楽天モバイルご利用の流れ

楽天モバイルのプラス割申し込み手順

申し込み方法はとても簡単です。

ここでは、新規契約から2回線目以降を申し込む場合とすでに通話SIMで開通している回線から申し込む場合の2パターンに分けてお伝えします。

専用ページから申し込まないとプラス割キャンペーンが適用されないというところに気をつけて申し込みを進めていきましょう。

新規契約で申し込む場合

1回線目は必須条件にもある通り、必ず通話SIMで申し込みましょう。2回線目を申し込んでも1回線目の利用が開始されないとキャンセルになりますので気をつけてください。

<新規契約での申し込み方法>
①1回線目を通話SIMで申し込む
②申し込み完了メールからプラス割専用ページにアクセスする
③2回線目を申し込む
④3回線目以降は同様の流れで申し込む

楽天モバイルの申し込みはこちらから
↓ ↓ ↓
楽天モバイルご利用の流れ

通話SIMを契約済みの回線から申し込む場合

すでに通話SIMを利用していて、後々家族のスマホをプラス割で契約したい場合は以下の方法で申し込みます。

開通済み回線からの申し込み方法
①メンバーズステーションから専用ページにログインする
②2回線目を申し込む
③3回線目以降は同様の流れで申し込む

3回線目の申し込みは2回線目のユーザーIDでメンバーズステーションへログインし申し込みを進めてください。

楽天モバイルのプラス割の注意点

家族で申し込むだけで非常にお得な楽天モバイルのプラス割ですが、注意しておきたい点もあります。

<プラス割の注意事項まとめ>
・プラス割専用ページから申し込みしないとキャンペーン対象外
・プラス割を申し込む順番に気をつける
・同一契約者からのプラス割適用は5回線まで
・受取手続きをしないとキャッシュバックがもらえない
・振込口座は契約者と同一の口座名義でないと指定できない
・予告なくキャンペーンが終了、内容変更される場合がある

1つ1つ詳しく解説していきますね。

1回線目は必ず通話SIMで契約する

1回線目をデータSIMで申し込みしてしまうと2回線目以降が通話SIMであってもプラス割の適用はされません。1回線目は必ず通話SIMで申し込みをするようにしましょう。

2回線目も通話SIMなら1回線目と同じように3回線目もプラス割が適用されるシステムです。

2回線目がデータSIMだと3回線目以降はプラス割が適用されなくなるので、順番にも気をつけて申し込むようにしましょう。

2回線目以降は専用ページからの申し込みが必須

2回線目以降は1回線目の申し込み完了メールに記載の専用ページから申し込みをしないとプラス割の適用がされません。

個々に申し込みをしてしまうとキャンペーンの対象外となってしまうので気をつけましょう。

3回線目以降の申し込みも同様に2回線目の申し込み完了メールから専用ページにアクセスして申し込みを進めてください。

同一契約者からのプラス割適用は5回線まで

1人の契約者からプラス割が適用される回線数は5回線までとなっています。

6人家族の場合は1回線分のプラス割の適用がされなくなるので、この場合は契約者を2人にする必要があります。

届いたメールから振込手続きをしないともらえない

キャッシュバックの受け取りは以下のような流れになります。

①楽天モバイルから登録メールアドレスに事前メールが届く
②楽天銀行から登録メールアドレスに受け取り手続き依頼メールが届く
③受け取り手続き依頼メールから振込口座情報を登録する
④受け取り完了

通知メールが届いたらメール内に記載のURLから受け取り方法を指定する必要があります。

この手続きをしないとせっかくもらえるキャッシュバックが水の泡となってしまいます。

また、手続きには期限が設けられていて、通知メールの送信日より45日間とされています。キャッシュバックの送金通知メールが届いたら必ず45日以内に受け取り方法指定の手続きをしてください。

契約者と同一の銀行口座名義でないともらえない

振込口座は楽天銀行以外の口座でも振込可能ですが、口座名義人は楽天モバイルに登録された契約者の氏名と同一でなければ手続きすることができません。

1回線目を父親の名前で契約したら、父親名義の銀行口座でないとキャッシュバックを受け取れないということになります。

ただ、楽天銀行を開設していて楽天銀行の登録メールアドレスと楽天モバイルの登録メールアドレスが同一の場合は楽天銀行口座に自動入金となり、非常に便利です。

楽天銀行口座を持っていると受取手続きの必要もありませんので、万一もらい損ねる可能性もありません。もし楽天銀行の口座をお持ちでない場合はこれを機会に作っておくのもいいと思います。

楽天銀行の口座開設はこちらから
↓ ↓ ↓
楽天銀行の公式サイトへ

開通月を1ヶ月目として3ヶ月以上使用しないといけない

プラス割のキャッシュバックは開通から3ヶ月目に送金通知メールが楽天モバイルから送られてきます。

この間に適用外のプランへの変更や解約をしてしまうとキャッシュバックは受けられないので、少なくともキャッシュバックを受け取る3ヶ月後までは利用するようにしなければいけません。

友達紹介キャンペーンとの併用はできない

友達紹介キャンペーンの適用には紹介者のユーザーIDが必要となります。

しかし、プラス割は1回線目の契約者から紐づいての契約となるため、2回線目以降にユーザーIDは発行されません。また、回線は違っても同一IDは友達紹介としては適用外になります。

そのため、友達紹介キャンペーンとプラス割との併用はできません。

ちなみに、友達紹介キャンペーンとプラス割であれば特典内容はプラス割のほうがお得だと思いますので、どちらのキャンペーンも適用可能なのであればプラス割に申し込むのがいいでしょう。

まとめ

楽天モバイルのプラス割は適用条件も簡単で受けられる特典も非常にお得なキャンペーンで、スマホ代の節約に大いに貢献してくれます。

家族で乗り換えを検討されているご家族や2台持ちの人はぜひ楽天モバイルへの乗り換えをおすすめします。

楽天モバイルの申し込みはこちらから
↓ ↓ ↓
楽天モバイルご利用の流れ