ドコモ・au・ソフトバンクから格安SIMへの乗り換え手順

格安SIM・格安スマホに乗り換えたいけど面倒臭そうで躊躇しているなんてことはありませんか?

確かに聞き慣れない言葉が出てきてよくわからないとなってしまいがちですが、手順をよくよく確認すると格安SIMへの乗り換えはそれほど難しいことではありません。

今回は実際の経験をもとに、ドコモ・au・ソフトバンクから格安SIM・格安スマホへの乗り換え手順をわかりやすく解説していきます。

格安SIMへの乗り換えを検討している人はぜひ参考にしてくださいね。

ドコモ・au・ソフトバンクから格安SIM・格安スマホへの簡単乗り換え手順

格安SIMへの乗り換えはやらないといけないことがいくつもあって面倒臭そうと思っていませんか?

聞き慣れない言葉が出てくるので、よくわからないし面倒臭そうと思うだけで実は簡単なんです。

乗り換える格安SIMを決めるところからの手順を5つの行程に分けてわかりやすく解説していきます。

①乗り換え先の格安SIMを決める

まずはどの格安SIMに乗り換えるのかを最初に決めてしまいましょう。

初めての人はとくにここが一番悩むポイントだと思いますが、乗り換え先さえ決めてしまえばあとは順序に沿って手続きをしていくだけです。

同時にスマホ本体の機種変も考えている人はどれを購入するのかも決めておくとさらにスムーズに手続きが進みます。

②SIMロック解除をする

格安SIMの料金プランを見たときに各キャリアの回線ごとに料金プランが分けられていたと思います。

これはその格安SIMがどこのキャリアの回線を借りているかということなんですが、例えば、現在auと契約していてUQモバイルに乗り換える場合、UQモバイルはauの回線を借りているため、SIMロック解除をする必要はありません。

SIMロック解除が必要となるのはドコモと契約していてUQモバイルに乗り換えるときなど、回線が変わってしまうときだけです。

SIMロック解除は店頭でも申請できますし、店舗に行くのが面倒なら各キャリアのマイページからでも申請が可能です。

③電話番号引き継ぎ(MNP)予約手続きをする

MNP予約は電話番号をそのまま引き継いで乗り換えたいときに必要な行程です。

新しい電話番号でいい場合はMNP予約をする必要はありません。

MNP予約はauとソフトバンクはインターネットからMNP予約ができないので下記の電話番号からもしくは店舗にてMNPの予約手続きをしましょう。docomoは「dアカウント」があればインターネットからでも可能です。

→docomoのMNP予約受付の電話番号
0120-800-000

→auのMNP予約受付の電話番号
0077-75470

→ソフトバンクのMNP予約受付の電話番号
0800-100-5533

手続きを完了すると予約番号が発行されますので、その番号を格安SIMに新規契約する際に申し込み書に記入します。

MNP予約番号の有効期間は15日間で、15日以内に新規契約をしないと予約番号は無効となります。また、元のキャリアのMNP予約による解約も無効となります。

また、MNPを実施すると現在契約しているキャリアは自動的に解約となりますので、改めて解約手続きをする必要はありません。

④格安SIMへ申し込み手続きをする

選んだ格安SIMの公式サイトから新規申し込み手続きをします。

申し込みは案内に沿って選んでいくのと契約者の氏名や住所を記入するだけなので非常に簡単です。

③で発行したMNP予約番号と本人確認のための免許証などの身分証明書を準備しておくとスムーズに申し込みが進められますよ。

⑤商品が届いたら初期設定をする

インターネットから予約した場合は申し込んだ商品が届くまで2〜3日程度かかるかと思います。

商品が届いたら初期設定して完了です。

初期設定は同封してある手順書に沿って進めていくだけなので5〜10分程度あれば完了します。

格安SIMをスムーズに申し込むために決めておくべきこと3つ

格安SIMに申し込み手続きをする際、いくつかの選択項目があるのですが、以下の3つを事前に考えておくとスムーズに申し込みが進んでいけます。

その場で考えるよりも前もって考えておきましょう。

①通話機能をつけるかどうか


格安SIMの料金プランは大きく「音声通話SIM」と「データ通信SIM」の2種類で分かれます。

音声通話SIMに適している人
・電話を使う
・今使っている電話番号を引き継ぎたい
・SMS(ショートメール)を使う

データSIMに適している人
・固定電話、緊急電話(110、119など)には電話をかけない
・電話はLINEでんわで十分
・インターネットやアプリにしか使わない

どちらのSIMカードにするかを決めておきましょう。

②どれくらいのデータ容量が必要か

格安SIMの料金プランは月々の使用データ容量によって料金が変わってきます。

自分が1ヶ月にどれくらいのデータ量を使っているかわからない場合は、各キャリアのマイページから確認することができますので、まずは自分が月にどれくらいのデータを使用しているかを確認しておきましょう。

・docomo→My docomo
・au→My au
・ソフトバンク→My Softbank

◯auの平均使用データ量確認画面

そのデータ容量より少し上のデータ容量の料金プランを選択するのがベストです。

格安SIMを料金で比較する場合は、この同じデータ容量の料金を比較すると高いor安いの判断がつきやすくなります。

③格安SIMを入れるスマホはどうするか

購入するのはSIMカードのみか機種も合わせて購入するのかを考えておきましょう。

今使っているスマホをそのまま使いたい場合はSIMカードのみの申し込みで大丈夫です。

機種も合わせて変更したい場合は購入機種も考えておかないといけません。

選んだ格安SIM会社でセット購入するとお得になることが多いのでお目当ての機種がその格安SIMで販売しているのか事前に確認しておきましょう。

格安SIMによってはiPhoneを販売しているところもありますよ。

また、もし機種変更する場合、今のスマホの残債は支払わないといけないので、各キャリアのマイページから残債がどれくらいあるのかも確認しておきましょう。

残債確認や残債の支払い方法は以下の記事で詳しく解説しています。
↓ ↓ ↓
ドコモの残債の確認方法
auの残債の確認方法
ソフトバンクの残債の確認方法

まとめ

スマホ代の節約に格安SIMは非常に効果的です。

乗り換えが面倒臭そうで躊躇しているだけならその時間がもったいないですね。その数ヶ月間も節約できたのに・・・と思ってしまいます。

聞き慣れない言葉が出てくるだけで乗り換え手順自体はまったく難しくありませんので、初心者でも簡単に手続きができます。

この記事を参考に格安SIMへの乗り換えに前向きになっていただけたら嬉しいです。